長嶺大池

長嶺大池
JP EN


昭和53年(1978年)晩秋、長嶺大池に2羽の白鳥が初飛来してから40年近く経ち、今では毎年400羽以上のオオハクチョウが越冬する名所となりました。白鳥の他にもカルガモやホシハジロなど多様な鳥が観察でき、稀に天然記念物のヒシクイが目撃されることもあります。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

長嶺大池は全周約950mで周囲には遊歩道や駐車場が整備され、観光客や家族連れで気楽に訪れることができ、白鳥に自由に餌をあげることもできるのも、長嶺大池の特徴です。
ほとんどのハクチョウは日中、付近の田んぼなどで餌を探すために池から飛び立つため、観察するのは、早朝がお薦め。
野生にもかかわらず、餌を期待して人間を見ると近づいてくる習性があるため、数メートルの距離で観察も出来ます。また、土、日は早朝から観光客もおり餌が貰えるため、田んぼへは行かず、ほぼ終日ハクチョウを見ることが出きます。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image




◇所在地/新潟県柏崎市西山町長嶺
◇アクセス/JR越後線 西山駅 下車徒歩30分またはタクシーで5分
◇電話/0257-47-4010(市民生活部西山町事務所地域振興係)
◇飛来季節/11月~3月





Save information with APP and enjoy Japan more.


Coming soon.


Let's get information about Japan.


Let's get information about Japan.